自動車保険には任意保険または自賠責保険に代表される二個の分類が用いられています。自賠責保険、任意保険ともにアクシデントなど備えたものですが条件は少々異なるのです。自賠責保険と任意保険においては補償が適用される条件が多少異なってきます。相手に対しては「任意保険」「自賠責保険」の両方で補償されるよう取り決められています。自分自身には、<任意保険>のみによって補償されるよう取り決められています。自己の所有する財産に対しては、『任意保険』のみで補償されるよう取り決められています。自賠責保険それだけでは、自らの傷害もしくはクルマに対する支援は享受できません。そして相手方に対する補償などの支援ですが自賠責保険であれば亡くなられたケースでは最高三〇〇〇万円・障害を負わせてしまった場合最高4000万円という風に定められているのです。しかし賠償額が前に述べた値を凌駕することは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。かてて加えて相手の所有するクルマまたは家を壊してしまった際については事故を起こした人による補償になるのです。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険という別の保険が必要だといえます。危害を被った人に対する救助に重点を置く任意保険というものにも実はそれとはまた違う役目が存在します。相手へは、死亡時もしくは手傷、車または家といった様々な所有物を補償します。自分へは同伴者も含め死亡時または傷害を賠償します。自分自身の財産に対してはマイカーを賠償します。こういった種々の面において万全であるということが任意保険最大のストロングポイントです。支払いは必須となってしまうのはしょうがないですが、相手のためにも自分のためにもクルマに余計な心配を抱くことなく乗りたいのであればぜひとも任意保険というものに契約を結んでおくとよいでしょう。