週末、夫は兄からバイクをもらいました。 新しいおもちゃを与えられた子供のごとく、バイクに掛かりっきりです。 そのバイクは元々の排気量は50ccなのですが、前のオーナーが排気量を大きくしてあった物です。 それを兄がバイク店から購入しました。 登録上は50ccなので、原付一種のナンバー登録になっていましたので、原付二種に変更を行うことにしました。 まずインターネットで変更方法を検索したところ、排気量アップは改造申請が必要とのことでした。 それでその申請書がどのようなものかわからないので、役所で書類をもらいに行き説明を受けてきました。 今回の場合は、排気量アップした部品の領収書が必要とのことでしたが、前のオーナーからバイク店にその領収書は来ていませんでした。 そこで店に相談したら、このような場合は、一度今のナンバーの廃車申請を行い、その後に排気量アップした排気量を記入して新規申請を行えば良いとのことでした。 早速役所に行き、廃車申請を行い、ナンバーを返却しました。 廃車申告受付書には、前の排気量が乗っているので次の申請の時もこれでは変更ができないとのことです。 そこで再度バイク店に問い合わせをしたら、バイク店で書類を作ってくれることになりました。 早くからバイク店と良く話し合えばスムーズに出来たのですが、今回のような特殊なことは初めてなので夫もずいぶん手間取ったようです。 せっかくの休みが書類の手続きで終わってしまいましたが、書類関係は曖昧にしてはいけないことなので、これも仕方ないかと夫婦で話していたところです。